6.2.1 Library Synchronization: 以前のバージョンから6.2.1にアップグレードする場合には、ユーザーライブラリーの同期の設定をする必要があります。

 

Talend 6.0および6.1では、ジョブのビルド時に使用されるCommandLineとStudioの外部ライブラリーの同期のために、"talend-custom-libs"というNexusのレポジトリーを使用しておりました。6.2以降では、"talend-custom-libs-release" and "talend-custom-libs-snapshot"の二つのレポジトリーを使用するように変更となりました。その変更に伴い"talend-custom-libs"は使用されなくなりました。
これにより、外部ライブラリもSnapShotとReleaseバージョンとに分けて管理することが可能となりました。
6.0および6.1で使用していたライブラリーを6.2で使用する場合には、レポジトリーが変わるため検討が必要になります。
6.2以降では、"talend-custom-libs"は既に存在しているかもしれませんが、使用はいたしません。
ただし、もし6.0および6.1で使用していた外部ライブラリーを6.2においても使用されたい場合には、以下の手順を実施してください。
6.0または6.1で使用していたNexusのバックアップを取得する
6.0または6.1で使用していたNexusを8081番ポートで起動する
6.2で使用するNexusを例えば8082で起動する (conf/nexus.propertiesを変更してください)
6.2のTACを起動する
TACのDB Config画面にてTransfer Libraryをクリックする
Nexusタブを選択する
以下の画面のようにFrom/ToのNexusURL等を指定する
Transferボタンをクリックする
 

Nexusにtalend-custom-libs-adminで直接ログインをしても権限のため上記のレポジトリは表示されないかもしれません。

Version History
Revision #:
3 of 3
Last update:
‎04-19-2017 10:44 PM
Updated by: