jaspersoft StudioとtJasperOutpuExcecでpdfを自動生成したい

Five Stars

jaspersoft StudioとtJasperOutpuExcecでpdfを自動生成したい

お世話になります。

今までWindows7+JDK7+talend5.5.1+iReport5.1.0の組み合わせで、jrxmlファイルとcsvファイルからpdfファイルを自動生成していました。

この度環境が Windows10+JDK8+talend6.4.1+jaspersoft Studio6.2.0になり移植中なのですが、メニューバーの「ウィンドウ→Preferences→Talend」でiReportのパスを「C:\Program Files (x86)\TIBCO\Jaspersoft Studio-6.2.0.final\Jaspersoft Studio.exe」してもtJasperOutpuExecの「iReport/起動」ボタンから起動せず、動作も「iReportが見つかりません」となります。

そもそも「iReport」ではないので無理なのでしょうか。

Windows10でtalend6.4.1の場合JDK8が必要になりましたが、JDK8ではiReportが動かないのでjaspersoft Studioを使うしかないようですが、なにか設定を変えることで利用可のでしょうか。

よろしくご教示いただけますようお願いいたします。


Accepted Solutions
Five Stars

Re: jaspersoft StudioとtJasperOutpuExcecでpdfを自動生成したい

エラーメッセージで問題個所としては以下のメッセージかと考えます。

 

Caused by: net.sf.jasperreports.engine.JRRuntimeException: net.sf.jasperreports.engine.JRException: No query executer factory class registered for CSV queries.

 

何かモジュールが足りていないのでしょうか。。。

Five Stars

自己解決しました: jaspersoft StudioとtJasperOutpuExcecでpdfを自動生成したい

本件、tJasperOutpuExecの「iReport」欄の記述を削除して「""」(ダブルコーテーション二つ)のみにする事で解決しました。

長いこと諦めていたのですが、この度Windows10環境への本格移行の必要性からあれこれ試したのですが、ふと「何も入れなかったら?」と思い立ち、試したところ行けました。

この時、プレファレンスの「talend」にあるiReportパスを「C:\Program Files (x86)\TIBCO\Jaspersoft Studio-6.2.0.final」の様にexeの入っているフォルダに通しておく必要があります。

コンポーネントにある「起動」ボタンは効きませんが、Jasper Studioのプログラムを使ってtalendはpdfファイルを出力してくれます。

やっと解決しました。

これでtalend6以降+JAVA8以降+JasperStudio6でpdfが出せます。


All Replies
Moderator

Re: jaspersoft StudioとtJasperOutpuExcecでpdfを自動生成したい

chabisan

 

起動確認まで出来ていないのですが、tJasperOutputコンポーネント内で、iReportのパスを指定可能です。こちらのコンポーネントで試してみては如何でしょうか?

 

確かに、Talend version 6以降は、JDK1.8以降のサポートとなります。これが原因の場合、なかなか解決が難しいかもしれません。

 

---
Have fun!
Five Stars

Re: jaspersoft StudioとtJasperOutpuExcecでpdfを自動生成したい

hmasaganeさん

お返事いただきありがとうございます。

コンポーネントのパラメータ設定でもやってみたのですが直接起動はエラーが出るようです。(パスやexeが見つからないと出ますね)

起動バッチファイルをキックするなど工夫がいるかもしれません。

もう少しやってみます。

うまくいきましたら報告させていただきますね。

感謝。

chabisan

Five Stars

Re: jaspersoft StudioとtJasperOutpuExcecでpdfを自動生成したい

少し解ったことなどを追記します。

Jaspersoft Studioを直に起動できるように簡単なbatファイルを作成して、コンポーネントの起動ボタンから起動できるようになりました。

しかし、ジョブを流すとエラーで止まってしまいます。(重大エラー)

そこで、iReport5がJDK7&8環境で動くようにiReportのconfファイルにJDK7のパスを指定してJDK8の環境下でJDK7で起動できるようになりました。

が、やはり同様のエラーが出て処理がとまるので、talend5をJDK7で立ち上がるように起動ファイルを使い旧環境同様にしました。

これでいけると思ったのですが、改善されませんでした。

後はWin10の影響しかないと考えますが、ちょっとその辺りは考えにくいです。

こうなったら旧環境と徹底的に比較して違いを見つけるしかないですね、、、

Five Stars

Re: jaspersoft StudioとtJasperOutpuExcecでpdfを自動生成したい

エラーメッセージで問題個所としては以下のメッセージかと考えます。

 

Caused by: net.sf.jasperreports.engine.JRRuntimeException: net.sf.jasperreports.engine.JRException: No query executer factory class registered for CSV queries.

 

何かモジュールが足りていないのでしょうか。。。

Five Stars

自己解決しました: jaspersoft StudioとtJasperOutpuExcecでpdfを自動生成したい

本件、tJasperOutpuExecの「iReport」欄の記述を削除して「""」(ダブルコーテーション二つ)のみにする事で解決しました。

長いこと諦めていたのですが、この度Windows10環境への本格移行の必要性からあれこれ試したのですが、ふと「何も入れなかったら?」と思い立ち、試したところ行けました。

この時、プレファレンスの「talend」にあるiReportパスを「C:\Program Files (x86)\TIBCO\Jaspersoft Studio-6.2.0.final」の様にexeの入っているフォルダに通しておく必要があります。

コンポーネントにある「起動」ボタンは効きませんが、Jasper Studioのプログラムを使ってtalendはpdfファイルを出力してくれます。

やっと解決しました。

これでtalend6以降+JAVA8以降+JasperStudio6でpdfが出せます。

Tutorial

Introduction to Talend Open Studio for Data Integration.

Definitive Guide to Data Integration

Practical steps to developing your data integration strategy.

Definitive Guide to Data Quality

Create systems and workflow to manage clean data ingestion and data transformation.