cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

ナレッジベース

Talend バージョン      6.2.1 概要 Ubuntu/Debianにサービスをインストール。 その他のバージョン Ubuntu 12.04, Ubuntu 16.10 製品 Talend Big Data コンポーネント Jobserver, TAC, services 問題の説明 ジョブサーバーやその他のTalend製品をサービスとしてインストールしようとした時に、サービスをインストール・設定する事が出来ない。 問題の原因 chkconfigがデフォルトインストールレポジトリから削除されたUbuntu 12.04から発生しています。また、Debianでも発生しています。 解決策・回避策  2つの回避策があります。 サービスを設定するための新しいコマンド「update-rc.d」をサービスのインストールに利用します。 【参照】http://manpages.ubuntu.com/manpages/xenial/man8/update-rc.d.8.html 従来の方法をご利用されたい場合は、chkconfigをインストールします。 【参照】http://manpages.ubuntu.com/manpages/xenial/man8/update-rc.d.8.html sudo apt-get install sysv-rc-conf sysv-rc-conf apache2 on sysv-rc-conf --list apache2 JIRA チケット番号  
View full article
概要 TACのデータベースとSVNをバックアップ・リストアする方法   解決策   ■ バックアップ   Talend Administration Center ユーザーガイドの Chapter 3. Backing up databases and SVN repositoriesをご確認ください。 その他の方法としては、データベースのバックアップツールやコマンドをご利用することができます。   ※ TACでデフォルトのH2データベースをご利用の場合、日時バックアップが自動的に実行され、以下のフォルダに保存されます。 <TACインストール>\apache-tomcat\webapps\org.talend.administrator\WEB-INF\database\backups\   ■ リストア   【データベース】   データベースのリストアツールやコマンドをご利用することができます。   ※ TACでデフォルトのH2データベースをご利用の場合、最新のtalend_administrator.h2.dbを自動バックアップから取得(zipを解凍)し、 以下フォルダのファイルを上書きします。 <TACインストール>\apache-tomcat\webapps\org.talend.administrator\WEB-INF\database\   リストアされたTACが別のマシン・ホスト名・IP、もしくは別のDBスキーマ・DB名・ユーザー名・パスワードの場合、TACのログインページより「 Go to db config page 」をクリックし、 リストアされたデータベースの設定をする必要があります。   【SVN】 SVNのリストアはSVNの「svnadmin load」コマンドを利用することが出来ます。   「例」 svnadmin load /talend/svn/repotis < svn_repotis.dump   「 /talend/svn/repotis 」はレポジトリーのパス、「 svn_repotis.dump 」はバックアップで作成したダンプファイルです。 SVNの詳細は下記URLをご確認ください。 http://svnbook.red-bean.com/en/1.7/svn.ref.svnadmin.c.load.html   注意点として、リストアされるのはレポジトリのみで、ユーザーはリストアされません。   リストアされたSVNが別のマシン・ホスト名・IP、もしくは別のユーザー名やパスワードの場合、TACで以下の変更をしてください。 基本設定 > システム設定 > SVN 基本設定 > プロジェクト > SVNのプロジェクトを選択 > 右ペインより「詳細設定」にチェックを入れ、SVNの情報を変更 基本設定 > ユーザー > 右ペインよりSVNログインとSVNパスワードを変更
View full article
問題・症状 データベースの移行時に以下のようなエラーが出力されて失敗する。 【例】 5.6.2から6.2.1への移行など   Error message : [thread_database_migration]: java.lang.OutOfMemoryError: GC overhead limit exceeded   解決策 埋め込みのTomcatをご利用の場合、<TACインストール>/apache-tomcat/bin/setenv.shに以下を追加し、再起動する事で解決することができます。 ※ メモリーサイズはご利用の環境に合わせて適宜ご変更ください。 set "JAVA_OPTS=%JAVA_OPTS% -XX:MaxPermSize=7000" set "JAVA_OPTS=%JAVA_OPTS% -Djava.awt.headless=true -Dfile.encoding=UTF-8 -server -XX:+DisableExplicitGC -XX:-UseGCOverheadLimit" set "JAVA_OPTS=%JAVA_OPTS% -Xms2048m -Xmx3500m -XX:NewSize=256m -XX:MaxNewSize=256m -XX:PermSize=256m"
View full article
Talend バージョン    6.x 概要  Windowsへのインストールが以下のエラーで失敗する There has been an error. Error renaming / Error copying file The application will exit now その他のバージョン   製品   コンポーネント インストーラー 問題の説明 Talend製品をインストールすると以下のようなエラーでインストールが失敗する。 There has been an error. Error renaming E:/Talend/6.2.1/tdqp/apache-tomcat-8.0.20 to E:/Talend/6.2.1/tdqp/apache-tomcat The application will exit now There has been an error. Error copying file The application will exist now. 問題の原因 ユーザー権限やディスクスペースが原因となります。 解決策・回避策  以下をご確認ください。 ディスクスペースに余裕があるかどうかを確認。 以下の手順で権限を設定します。 インストール先のフォルダ(例:C:\Talend)を作成します。 作成されたフォルダを右クリックしてプロパティを開き、セキュリティタブからユーザーのグループにフルコントロールを設定します。 インストールを行います。 正常にインストールされた後、アクセス許可を元に戻します。 JIRA チケット番号  
View full article
1 AWS インスタンスがVPCのpublic IPを設定する 2 AWS security group / rules によって Studioの端末からJobServerのポートへアクセス可能に設定する 3 jobserver\agent\conf\talendJobServer.properties のorg.talend.remote.jobserver.server.TalendJobServer.LOCAL_HOSTをAWSのmachineホスト名/IPに変更する 4 telnet [jobserver host] 8000にてアクセスが可能なことを確認する 5 StudioにてRemoteサーバーを追加し上記のホスト名/IPを設定し ( preferences > talend > Run/Debug > Remote)することでRemote実行が可能となる
View full article
 Web サービスをコールした際にサーバー側が "Transfer-Encoding: chunked" というメッセージを出力しリクエストが受け付けられない場合には以下の設定を行ってください。   Talend 6.3.1以降 : tESBConsumerコンポーネントのAdvanced Settingsタブを開き、[Disable Chunking]を有効にする Talend 6.3.1以前 : runtime/etc/以下にorg.apache.cxf.http.conduits- ANYTHING.cfgを作成し、以下の設定を追加する。 url = http://the_web_service_hostname.* client.AllowChunking=false
View full article
 tChangeFileEncodingを利用しファイルのエンコードをShift_JISからUTF-8に変換すると-(全角スペース)」の文字が、「-」に変換されてしまう。 その場合にはEncodingをCustomの"windows-31j"に変更する。                
View full article
Talend バージョン      6.x 概要 以下のエラーでエラーでジョブが実行できない。 java.lang.UnsupportedClassVersionError: org/talend/osgi/configurator/JarLoaderConfigurator : Unsupported major.minor version 51.0 その他のバージョン   プロダクト   Talend Data Integration コンポーネント   Studio 問題の説明  ジョブを実行すると以下のエラーが出る。 java.lang.UnsupportedClassVersionError: org/talend/osgi/configurator/JarLoaderConfigurator : Unsupported major.minor version 51.0 問題の原因  サポートされていないJavaバージョンをご利用している事が原因です。 解決策・回避策  JAVA_HOMEからご利用のJavaバージョンをご確認の上、インストレーションガイドでサポートされているバージョンを参照し、正しいバージョンをご利用ください。 JIRA チケット番号  
View full article
事象 TACのConfiguration設定画面にて以下のようなエラーが出力される場合がある Microsoft JDBC Driverを使用している場合 500 The call failed on the server; see server log for details jTDS JDBC Driverを使用している場合 Cannot connect to database (I/O Error: DB server closed connection.) jTDS JDBCでAzure SQL DBに接続する場合には、ssl=require" or "ssl=request"が必要ですがPacket sizeが4096にデフォルトで設定されているため、サイズ制限を超えてしまうために上記の問題が発生する。   対処方法 パッチ適用された以下のリンクのJDBCドライバを使用し、packetSize=512をJDBCのパラメータに指定する https://sourceforge.net/p/jtds/bugs/_discuss/thread/16113049/7594/attachment/jtds-1.3.1.jar 例) database.url=jdbc:jtds:sqlserver://talendtac.database.windows.net:1433/tac;user=tadmin@talendtac.database.windows.net;password=yourpassword;ssl=require; database.driver=net.sourceforge.jtds.jdbc.Driver database.username=tadmin database.password=yourpassword   URL=jdbc:jtds:sqlserver://name.database.windows.net:1433/tac631;user=tac;password=password;encrypt=true;trustServerCertificate=false;hostNameInCertificate=*.database.windows.net;packetSize=512; Driver=net.sourceforge.jtds.jdbc.Driver Username=tac Password=password
View full article
This video introduces, in Japanese, how to install Talend version 5.5.1.
View full article
  StudioまたはCommandLineのワークスペース以下の/.metadata/.logに出力されるログが詳細なものになっていない
View full article
TAC タスクのMisfire
View full article
 tAccess機種依存文字を含むテーブル名
View full article
H2データベース リカバリを試みる
View full article
CommandLine ジョブの複数ビルド
View full article
Oracle CDC 制限事項
View full article
JobServerクリーアップが実行されていない
View full article
Deployファイルのクリーアップ処理が有効にならない
View full article
複数のバージョンのTalendを実行する場合に、別バージョンのJAVAを実行する場合の設定
View full article