StudioとCommand Lineの詳細なログの取得方法

 StudioまたはCommandLineのワークスペース以下の/.metadata/.logに出力されるログが詳細なものになっていない

[Studio]
Studioを以下のオプションをつけて起動させる
Talend-Studio-win-x86_64.exe --talendDebug > debugLog.txt 

[Command Line]
commandline-linux.shを以下のように編集する
./Talend-Studio-linux-gtk-x86_64 -nosplash -application org.talend.commandline.CommandLine -consoleLog -data commandline-workspace startServer -p 8002 --talendDebug > debugLog.txt

追記
上記で設定したファイルのサイズが大きくなることも想定されるので、調査の終了後は--talendDebug > debugLog.txt消去して元の状態にもどしてください。
本パラメーターを設定している間はJob Conductorにエラーが表示されてしまう場合がありますが、問題はありません。
Version history
Revision #:
3 of 3
Last update:
‎04-19-2017 05:24 PM
Updated by:
 
Labels (2)